チューブ容器の特許

  • 2021年02月24日

#特許

 こんにちは、ヒロです。
 特許番号が表示されたチューブ容器入りわさび(エスビー食品株式会社)を購入してみました。

 キャップを開けてみると、容器のネジ部周りとキャップの内側の形状が工夫されていることがわかります。

 緩み止め部のおかげで、キャップが閉まった状態では緩みにくく、勝手に開くことがありません。また、周方向に4分割されたネジ部のおかげで、キャップを少しひねるだけで簡単に開けることができます。さらに、ネジ部間の縦溝のおかげで、容器の先端部をつぶしやすく、中のわさびをしぼり出すのが簡単です。

 ところで、特許第6006532号の発明が解決しようとする課題は、「従来に比べて、緩み止め部を構成する容器本体の外向凸部を蓋の内向凸部が乗り越える直前の衝撃を強く、且つ乗り越える際に要する力を大きくし、しかも、乗り越える距離を短くし、それによって蓋が閉まるときの感触を鮮明にすること」となっています。確かに、キャップ(蓋)を閉めるとき、閉まったことがはっきりとわかります。
 昔からあるこのようなチューブ容器も改良によりここまで使いやすくなっていることに驚きです。

 この特許の詳しい内容は、下のリンク先(J-PlatPat)で確認できます。
 特許第6006532号「容器及び包装食品」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です