新生活を応援します

  • 2021年04月14日

#商標】 【#特許

 3月から4月にかけて家電量販店等の店頭に「新生活応援」という文字がよく見られます。新しい土地に移り住む場合に限らず、今までと同じ家から通う場合であっても、学校や職場が変われば何かしらの新生活が始まります。新生活を支えるための商品やサービスが必要になりますね。
 家具・インテリア企業の株式会社ニトリホールディングスは、昨年(2020年)10月に下の図形商標を出願しており(商願2020-132144号)、2021年3月末現在審査待ちです。店舗の棚やチラシ等に使用されているのを見かけました。

 また、特許で「新生活」をキーワードとして検索してみると、「不動産情報提供装置」の発明(特許第6626166号公報)が見つかりました。ユーザのニーズに合った物件情報を適切に提供するというものです。段落[0047]に「また、ユーザは、重視したい要件、あったらいいと思う要件、新生活に欠かせないと思われる要件、及び新しい住まい方で快適さをどこに求めるかという要件についてそれぞれ選択を行う。」と記載されています。

 コロナ禍での新生活のスタートは通常時以上に不安が大きいと思いますが、周りには様々な新生活応援商品やサービスがあります。有効に利用してみませんか。(コナン)

※画像は特許情報プラットフォームJ-PlatPatより

バレーボール

  • 2021年04月07日

#意匠】 【#特許

 アニメ「ハイキュー!!」の影響もあって、子供がバレーボールにハマっています。うちにあるボールは、株式会社ミカサのもので、意匠登録1318937号のものと思われます。

 また、ミカサのホームページをみると、現在は、意匠登録1574960号のものが主流のようです。このデザインのものには、「特許登録」の表示もありました。J-PlatPatで調べると、株式会社ミカサの特許がいくつか見つかりました。どの特許がこのバレーボールに対応しているのかまでは、わかりませんでしたが、子供達が日常的に使っているものも、知的財産に支えられていることを改めて感じました。(マロン)

 株式会社ミカサ https://mikasasports.co.jp/

*「ハイキュー!!」は、集英社の登録商標です。

パラジェル

  • 2021年03月31日

#商標

私はおしゃれの一環としてネイルをするのが好きです。昔はマニキュアを自分で塗ったりしていましたが、今はネイルサロンでジェルネイルをしてもらうのが毎月の楽しみです。
ジェルネイルとは爪を削り、ゲル状の樹脂を硬化させることで形成するネイルです。ジェルネイルの中にも様々な種類があるのですが、私が使用している「パラジェル」は爪を削らず使用することができるので自爪を綺麗に保つことができます。

「para gel PROFESSIONAL NAIL」は商標登録第5359996号として2010年10月8日に登録されています。
自分の楽しみの1つに身近な商標を見つけることができて嬉しいです。(うさぎ)

パラジェルの公式サイトは次のとおりです。
https://paragel.jp/

知財にちなんだ記念日

  • 2021年03月24日

#弁理士】 【#特許】 【#発明】 【#知的財産】 【#知財イベント】 【#著作権

 知財イベント紹介というタイトルですが、今日は知財にちなんだ記念日をご紹介します。みなさんはいくつご存じですか?

 4月18日  発明の日(日本)
 4月23日  世界図書・著作権デー(ユネスコ)
 4月26日  世界知的所有権の日(世界知的所有権機関)
 7月 1日  弁理士の日(日本)
 7月22日  著作権制度の日(日本)
 8月 1日  愛知の発明の日(愛知県)
 8月14日  専売特許の日(日本)
11月18日  音楽著作権の日(日本)

 こうしてみると、なぜか4月と暑い季節に記念日が多いようです。海外に目を向ければ、発明家の日というのがあります。たとえば米国では、エジソンの誕生日が発明家の日になっています。

 まもなく4月。今年も発明の日、世界知的所有権の日がやってきます。また日本では毎年、発明の日を含む1週間は科学技術週間に指定されています。日和がよくなるこの季節、発明や科学に思いを巡らせてみるのもよいかもしれません。(blink)

関連リンク:
1.発明の日(4月18日)
2.世界図書・著作権デー(4月23日)
3.サン・ジョルディの日(4月23日、参考)
4.子ども読書の日(4月23日、参考)
5.世界知的所有権の日(4月26日)
6.弁理士の日(7月1日)
7.著作権制度の日(7月22日)
8.愛知の発明の日(8月1日)
9.専売特許の日(8月14日)
10.音楽著作権の日(11月18日)
11.発明家の日
12.科学技術週間

特許事務所のお仕事体験

  • 2021年03月19日

#弁理士】 【#特許】 【#知財イベント

子供たちがお仕事体験できる「キッザニア東京」に期間限定で「特許事務所」がオープンするそうです!
日本弁理士会とキッザニアの企画運営会社により、3/19~25に開催される「弁理士ウィーク」内の限定イベントです。
キッザニアに「弁理士」のお仕事体験が登場するのは初となるとか。
「弁理士」となり、「発明工房」から依頼を受け、代理人として特許出願書類を作成し「特許庁サテライトオフィス」で審査結果を確認するという体験で、発行された「特許証」を成果物として持ち帰ることができるそうです。
特許事務所で働く者として、子どもたちに楽しく知的財産や弁理士の役割を学んでもらえたら嬉しいなと思います。(カカオ)

<関連サイト>
期間限定「弁理士ウィーク」開催|【公式】キッザニア東京(KidZania Tokyo)
キッザニア東京に特許事務所パビリオンが初登場期間限定「弁理士ウィーク」を開催 (kidzania.jp)(PDF)

おやつの楽しみ

  • 2021年03月10日

#商標

先日テレビで株式会社湖池屋の商品開発に携わる女性のドキュメンタリーを観ました。スナック菓子を開発する熱意が感じられたので、食べてみようと思い、次の日仕事帰りに駅前のコンビニに立ち寄ってみたところ見事に完売していました。


※画像は公式サイトより

テレビの影響力ってすごいですね。その後、何日か経って入手出来ました。こだわりが感じられて美味しかったです。
コンビニ内を見回すと様々な嗜好のお菓子が売られていて楽しい気持ちになります。
「限定」や「匠」や「大人の」などキャッチフレーズの誘惑に負けてついつい買ってしまいます。J-PlatPatで湖池屋さんを検索してみたところ商標だけで年間13~25件ペースで出願されていました。中には「ニューノーマルおやつ」や「LONG LIFE∞SNACK∞湖」といった聞くだけで時代を反映しているかのような名称もありました。売り出し方に力を入れているのが伝わってきます。これからも我々消費者を楽しませてくれるような商品を作って欲しいと思います。(マリーゴールド)

ねこじゃすり

  • 2021年03月03日

#特許

先日、2021年2月5日発行の特許庁広報誌「とっきょ」を見ていたところ、興味を惹かれる商品がありました。
その名も「ねこじゃすり」。
この商品は、創業120年を越える、広島県呉市にある老舗のヤスリメーカー「株式会社ワタオカ」が工具製作の技術をもとに開発した、猫の舌触りに似せた猫のグルーミング用のやすりです。
やすりから猫の舌を連想するとは、開発された方は何と柔軟な発想力をお持ちのことでしょう。うらやましい限りです。

早速購入して、家猫にプレゼントしましたニャー❣

それほど甘えるタイプではないのですが、自分からやすりに頭をこすりつけています。
人間の手からは得られない感触なのでしょう。(タイム)

●特許
【特許番号】 特許第6698985号
【登録日】  令和2年5月7日
【発明の名称】ペット用マッサージ器具

チューブ容器の特許

  • 2021年02月24日

#特許

 こんにちは、ヒロです。
 特許番号が表示されたチューブ容器入りわさび(エスビー食品株式会社)を購入してみました。

 キャップを開けてみると、容器のネジ部周りとキャップの内側の形状が工夫されていることがわかります。

 緩み止め部のおかげで、キャップが閉まった状態では緩みにくく、勝手に開くことがありません。また、周方向に4分割されたネジ部のおかげで、キャップを少しひねるだけで簡単に開けることができます。さらに、ネジ部間の縦溝のおかげで、容器の先端部をつぶしやすく、中のわさびをしぼり出すのが簡単です。

 ところで、特許第6006532号の発明が解決しようとする課題は、「従来に比べて、緩み止め部を構成する容器本体の外向凸部を蓋の内向凸部が乗り越える直前の衝撃を強く、且つ乗り越える際に要する力を大きくし、しかも、乗り越える距離を短くし、それによって蓋が閉まるときの感触を鮮明にすること」となっています。確かに、キャップ(蓋)を閉めるとき、閉まったことがはっきりとわかります。
 昔からあるこのようなチューブ容器も改良によりここまで使いやすくなっていることに驚きです。

 この特許の詳しい内容は、下のリンク先(J-PlatPat)で確認できます。
 特許第6006532号「容器及び包装食品」

峠の釜めし

  • 2021年02月17日

#商標】 【#実用新案

 先日、家の近所の食料品店で開催されていた「全国駅弁フェア」に行き、「峠の釜めし」を購入しました。
 「峠の釜めし」は、群馬県横川駅で販売されている駅弁で、うずらの卵、栗、ごぼう等の具材が、昆布と秘伝の出汁で炊かれたご飯の上にのっています。何度食べても飽きない、とても美味しいお弁当です。

 写真の通り、包装用紙に商標登録番号(第1731043号)と、実用新案登録番号(第3094454号)が記載されていたため、J-Platpatで検索してみました。
 商標権については、縦書きの「峠の釜めし」という文字商標が、指定商品「釜めし」で登録されていました。一方、実用新案権は、考案の名称「釜めし容器」として、「本来の用途に使用された後に、芳香剤容器として有効に利用することが可能な釜めし容器に関する」考案が登録されていました。実用新案権は既に存続期間が満了していますが、J-Platpatで考案の内容を閲覧することが可能ですので、どのような内容であったか気になる方はぜひ検索してみてください。(さくらもち)

ウイスキー「KIYOSU」

  • 2021年02月15日

#商標

先日、地下鉄の車内で、「KIYOSU」という名前のウイスキーの広告を見かけました。製造販売するのは清洲桜醸造で、名古屋市に接する清須市にあります。清洲桜醸造といえば、「清洲城信長 鬼ころし」という日本酒が有名ですが、日本酒だけでなく、ウイスキー、ウォッカ、ジンも製造しているのですね。

J-PlatPatで、「清洲桜醸造」をキーワードに検索してみたところ、「清洲城信長」など4件の登録商標がヒットしました。
ジャパニーズウイスキーは、世界五大ウイスキーのひとつに数えられ、品薄になる銘柄もあるほどの人気です。また、産地特有のボタニカルな原料で風味付けをするクラフトジンも、強い個性を楽しめて人気が高まっています。どちらも興味のあるお酒です。一度味わってみたいと思っています。(シスぞう)

※写真はイメージです
愛知クラフトウイスキー キヨス https://onikoroshi.co.jp/aichi-craft/whisky/